佐賀城 今月の花   12-1月 戻る
ヒiイラギ(柊)  モクセイ科          バックナンバー
  葉の縁に鋭いとげがあること。節分などにヒイラギの枝葉を戸口に挿して,邪鬼の侵入を防ぐ風習が各地にあることで知られている。

 花は、葉のとげとげしさに似合わぬ愛らしい白い小さな香りよいものを冬につける。

 ヒイラギは柊と書くが、疼木で、疼は、ひいらぐ(痛む)の意味。葉の刺の痛さに由来。
おしべ2、めしべ1,花弁4 花開く直前 開花は12〜1月
 ヒイラギは佐賀県には自生はないが、関東以西の日本、台湾に分布。日本では太平洋側の低山地に多い。

 葉の刺は、若木では著しいが、成木になると刺はなくなる。この変遷を人の一生になぞらえる人もある。

 古来、邪気を払う植物として知られ、古事記にも日本武尊が「比比羅木の八尋の矛」を賜ったとある。
刺のない葉と花 葉の著しい刺 芳香を放つ花