佐賀城 今月の花   3月 戻る
ツ ゲ(黄楊)  ツゲ科          バックナンバー
 ツゲは、日本では材が緻密なことから、ツゲの櫛(クシ)、ツゲの印として知られるほか、そろばん玉、将棋の駒などの細工物に使われる。
       ◇◇◇
 ツゲの名前は、葉が次々と層をなしてつく様子から「次ぐ」に。これよりツゲに変化したといわれる。
 ツゲの花は、 小さく、 淡黄色で目立つ色でなく、 花弁はない。風がまだ冷たい早春の頃、 よく茂った常緑の葉枝の中に埋もれるようにして咲く。そのため、一般の人にはその存在があまり知られていないようである。

 花は3月、枝先と葉のつけねに束になってつき、1個の雌花を囲むようにして数個の雄花がついている。
 佐賀城公園に生け垣などとして植栽されているツゲはセイヨウツゲである。
日本在来のツゲ(アサマツゲ)より葉がやや大きく、葉に毛があり、成長が早い。

 佐賀県には、セイヨウツゲが最も多く見られ、ついでツゲ、希にヒメツゲ(クサツゲ)、チョウセンヒメツゲの植栽が見られる。
セイヨウツゲの枝葉とつぼみ 枝先の花の群生三角結び状のものが雌蕊
開花直前 花の開花 中央が雌蕊
種子ができつつある(角状のもの) セイヨウツゲは毛が多い 冬に紅葉。暖かくなると緑にもどる
類似のイヌツゲは庭園木として
ツゲより多く見られるが。モチノ
キ科に属し、ツゲのツゲ科と異
なり、葉の縁はぎざぎざの鋸歯
状、枝は丸く、ツゲの滑らかな
葉縁、枝の四角と異なる。
      ツゲ(アサマツゲ)        セイヨウツゲ      チョウセンヒメツゲ
             〃                〃            ヒメツゲ
***