佐賀城跡 今月の花   3月 戻る
ジンチョウゲ(沈丁花) ジンチョウゲ科          バックナンバー
 ジンチョウゲ(沈丁花)
 花は香りが高く、香木で有名な沈香、丁香の香りを合わせ持つほどであり、その香りは,春の香りを知らせてくれる最も季節感にあふれている。
 香りは3-4月の低温時、特に夕方とか湿気の多いところでよくにおう。
 中国原産で、わが国への渡来年代ははっきりしないが室町時代にはすでに、栽培されていたのではないかという説もある。
 名前の由来は、花の香を芳香植物で有名なジンコウ(沈香)とチョウジ(丁子)を兼ね備えているほどであるということによる。
 花は枝の頂きに十数個集まる 花弁はなく、がく先4裂し花弁に見える

  普通、種子ができないので、増殖は挿し木で行う。花は枝先に集まってつく。花は花弁はなく、萼(がく)が筒状で先が四つに裂け、花弁のように見える
雪をかぶったジンチョウゲ3月上旬 刈込まれたジンチョウゲの生垣風植込み

ss