佐賀城跡 今月の花   4月 戻る
オオシマサクラ   バ ラ 科          バックナンバー
 ◆堀端に輝く大島桜

 ■オオシマザクラは伊豆大島に多く自生するのでこの名がある。

 ■花は純白で香りがあり、明るい緑の葉とともに開花する。また、葉の表には毛がない。雑種といわれ、よく似たソメイヨシノの片親であり、この点がソメイヨシノ(染井吉野)との区別となる。

 その他の特徴として、葉はヤマザクラより大きく,やや厚い。鋸歯も三角形状で大ぶりである.なお、ソメイヨシノは開花のあと葉が出る。

 ■葉を塩漬けにして桜餅を包むのに使う。
 ■オシマザクラは伊豆半島、伊豆諸島、房総半島周辺に限って分布する。
伊豆半島の野生オオシマザクラ 県庁前(佐賀城北堀端)のオオシマザクラ
伊豆半島の野生オオシマザクラ 佐賀県庁前のオオシマザクラ(白く輝く4本) 佐賀県議会議事堂前のソメイヨシノと白く輝くオオシマザクラ