佐賀城跡 今月の花   4月 戻る
コデマリ   バ ラ 科          バックナンバー
 ◆小花満載の小手鞠

 ■仲間のバラ科シモツケ属のユキヤナギの花が終わる頃バトンタッチして咲き誇るのがコデマリ。

 ■中国原産の落葉低木で、古くに渡来し、観賞用として、江戸時代から栽培されている。生け花の花材としての需要も多い。

 ■花は純白5弁で新葉と共に開き、多数が球状に集まってつく。細い枝の節から小枝を伸ばしその先に白色のウメのような花15〜20個をつけ,一度に開くので球状になり美しい.古くは「鈴掛」と呼ばれていた。

 ■和名は集まって咲く花の様子を小さい手鞠に見立てたもの。

伊豆半島の野生オオシマザクラ 県庁前(佐賀城北堀端)のオオシマザクラ
伊豆半島の野生オオシマザクラ 佐賀県庁前のオオシマザクラ(白く輝く4本) 佐賀県議会議事堂前のソメイヨシノと白く輝くオオシマザクラ