佐賀城跡 今月の花   6月 戻る
イトラン (糸蘭)  リュウゼツラン(ユリ)科          バックナンバー

     □ イトラン □

 ■葉の縁から糸が垂れる特徴がありこれがこの植物の名前の由来となっている。

 ■アメリカ南部原産で、日本へは江戸時代の終わり頃渡来している。

 ■茎はきわめて短く,一見ないように見える。短い茎の頂に100枚近くもの葉を密生する。

 ■葉は緑色の剣状で、葉の上部は垂れ縁に多数の糸を垂らす。
***** 天守台石垣上のイトラン つぼみをつけたイトラン
イトランの花
葉の縁に糸を垂らしたイトラン イトランのつぼみ