佐賀城跡 今月の花   7・8月 戻る
  トウネズミモチ(唐鼠黐)    モクセイ科         バックナンバー
黄白色の花を多数咲かせる。
   梅雨になると佐賀城南堀端や公
 園や庭園などで枝先に白い花の群
 れをつける木が一際目につく。この
 木は中国原産の常緑樹で、日本の
 ネズミモチの2〜3倍高い5〜10m
 になる。

  明治の初めに日本に渡来してい
 るが、佐賀県でよく見られるように
 なったのは昭和30年代なかばから
 である。
  成長早く、刈り込み、大気
 汚染に強いことから道路や工
 場緑化、また、庭園木として
 多く使われるようになっている。

  この木の果実は漢方薬とし
 て強壮に、葉は民間で胃薬に
 煎じて飲む。白髪防止に果実
 酒(果実200g,砂糖50,ホワイト
 リカー)を飲む人がある。