佐賀城今月の花   8月       back
エンジュ(槐)  マメ科
   
   古くに渡来し、街路樹や庭園木として知ら
  れた落葉高木。原産地は中国。佐賀城公園
  では県立図書館−市村体育館付近のほか
  城堀端遊歩道に点在する。
   夏に、淡黄白色の小形でマメ科特有の蝶
  形花をつける。

   名前の由来は、古い呼び名のエニスの転
  訛で、エニスは種子名の槐子の中国・呉の
  音読み「エス」の転じたものといわれる。

  
  
   つぼみは止血や血管補強剤ルチン原料
  として用いられるほか、黄色の草木染め
  に使われる。
   若葉は、茹でてあくを抜き食用、茶の代
  用とした。飢饉時の食料にもされた。
   中国の周代には、尊貴の木とされ、三公
  (最高の三つの官職)の位を槐位と言った。

  葉裏には短毛が多い