佐賀城跡 今月の花   9月 戻る
  キョウチクトウ     キョウチクトウ        バックナンバー
 
_  炎天下、暑さ、乾燥にも負けず花を咲
き続けるのが印象的な常緑植物。

 花期は6〜9月の4カ月と長く、成長
が早く、刈り込みに強く、大気汚染に強
いことから鑑賞用,緑化樹として庭園、
公園、工場に植栽される。
 この植物のふるさとはインド。日本に
は約200年前の寛政年間に中国から
渡来したいわれる。
 葉はタケのように細く、花がモモの花
に似ているところから、漢名は「夾竹桃」
の名が与えられている。日本名は漢名
の音読みである。 
_ 花色は淡黄色、白色、淡紅色な
ど種々見られ美しい。
 キョウチクトウの花は花粉症の
原因になるため切除しろというこ
とを時折、耳にするがスギ、ブタ
クサ等のように花粉を風で飛ば
す風媒花ではなく、虫媒花である
ためその必要はない。ただし、葉
、枝や根には有毒成分が含まれ
ているので、口に入れないように
注意する必要がある。

【注意】有毒植物:心臓毒.人,家
畜の中毒例がある.