お得情報!           Home  リスト


秋に向かってリフレッシュ
 1.バランスの良い食事を心がける      

肉体疲労時の改善や免疫力を高めるビタミンCの摂取
 
(アセロラ果汁・レモン・グレープフルーツ・じゃがいも等に多く含まれる)  
  

だるさや、疲れの改善又、ストレスの緩和に良いビタミンB1の摂取
 (豚ヒレ肉・うなぎの蒲焼き・きな粉・玄米・黒豆等に多く含まれる)


エネルギーの元になる糖分 ブドウ糖の摂取

 (黒砂糖・チョコレート・アメ玉・アミノ酸入りのスポーツドリンク等)

  
 2.快適な睡眠を取る                 
 
  
【リラクゼーション効果で目覚めの良い睡眠】                      

・寝る前に、自分の心地よいと感じる音楽を聴いて眠るのも効果的なリラックスの方法       

・寝る前に、5分〜10分ほど軽いストレッチをするとその日の疲れや筋肉のこりが緩和され、熟睡出来やすい

・神経の緊張を和らげてくれるアロマオイルには、不眠症などにも効果がありますまた、好きな香りのアロマオイルを枕などに一滴たらして寝ると眠りにつきやすい

  3.入浴で血行促進  
 
  
ぬるめのお湯で新陳代謝の促進や疲労回復の改善を】          

・熱いお湯より38C〜40C位のぬるめのお湯に入ると血行が良くなり、副交感神経の働きでよりリラックス効果が得られます

・15分〜30分ほど浴槽内で手足を伸ばす等、軽いストレッチをしたり、好きな音楽を聞いたりしてのゆっくりと半身浴を楽しむ

・血圧の高めの方や、心臓が悪い方には、半身浴で入浴する方が体に負担がかかりません) 
  

 【ページのTOP】【リストに戻る】 【Homeに戻る】