お得情報! Home リスト
インフルエンザ
 
 インフルエンザと風邪のちがい 
風邪とインフルエンザはまったく別のものであり、対処法も異なり
インフルエンザの場合、抗インフルエンザウイルス薬が有効です。

ただし、症状発現後48時間以内に服用するのがポイントとなります。
インフルエンザが疑われる場合には、すぐに医療機関を受診しましょう。 
 
インフルエンザ
風 邪
原因 インフルエンザウイルス ライノウイルス、コロナウイルスなど
症状 突然の高熱(38−40度)、強い倦怠感・筋肉痛のほか、目の充血や涙目など、目に症状が出るのも特徴。 一般に、せきや鼻水は、発熱の後に、引く続いてあらわる。 鼻水・くしゃみ・のどの痛みになどの症状が先にあらわれる。熱はないか、あっても高くならないことが多い。せきは、風邪の中期から後期にみられる。
対処
抗インフルエンザウイルス薬が必要。すぐに医師を受診する。(症状発現後48時間以内に服用)。
休養・保温・水分補給を心がけるとともに、症状にあった医薬品を使用する。
 
【インフルエンザの治療薬】 
 飲み薬
 タミフルカプセル(中外株式会社HPより)
 吸入薬
 リレンザの使用法 (グラクソ・スミスクライン株式会社HPより)
 吸入薬
 イナビル吸入粉末剤の使用法(第一三共株式会社)
 Pharma Tribune誌より(日本薬剤師研修センター監修)
     
【頓服薬の注意点】 
アスピリン 15歳未満 インフルエンザや水ぼうそうの発熱時には対しては、
アスピリンを使用しない。(少量でも不可)
【参考HP】 
厚生労働省より

【リーフレット】
インフルエンザ一問一答
みんなで知って、みんなで注意!
【452KB】
     
----------------------------------------------------------------
 厚生労働省リンク   佐賀県リンク    インフルエンザ情報サービス
      国立感染症研究所HPより(インフルエンザQ&A)
ブタインフルエンザ Q&A
 
ご家庭で 出来るインフルエンザの予防法 
 1】インフルエンザ流行時には人混みの多い場所へは行かないようにしましょう
インフルエンザウイルスは感染した人の咳やくしゃみなどが空気中に放出されそのウイルスを吸い込むことで感染します
インフルエンザが流行している期間中はなるだけ人の多い場所に外出することは避けましょう 又、期間中はマスクを着用するなどをがけましょう

                                   

【2】外出先から帰ったら必ず、うがいと手洗いをしましょう 
外出時の、不特定多数の人が触る場所や物からのウイルス感染を防ぐためにも、帰宅したら、必ず、うがいや手洗いを実行しましょう。インフルエンザ予防法として最も有効な
手段です。

                     

正しいうがい方法 
@ 口の中の食べ物のカスを取り除くために水又は、うがい液を口に含み少し強めにうがいをする A 上を向いてのどの奥までうが液が届くように10秒〜15秒ほどうがいをする B 3回目も上を向いて喉の奥までうがい液が届くように10秒〜15秒ほどうがいをする
 
●正しい手洗い方法
@ 時計や指輪をはずして
流水で手を洗う
A 石鹸を手に取る B 石鹸をしっかり泡立て
手のひら全体を洗う
C 手の甲に手のひらを
かぶせて両方の手を洗う
D 両方の手の間を念入り
に洗う
E 片方の手のひらの
中で指先と爪を入念に洗う
F 両方の指先の周辺を
念入りに洗う
G 両方の手首まで念入り
に洗う
H 最後に流水で石鹸の
泡が取れるまで十分に流し、
清潔なタオルかペーパー
タオルで拭き取る
 
 【3】インフルエンザウイルスは、乾燥した環境を好むので加湿器などを使って
部屋の乾燥を防ぎましょう
 
【4】バランスのとれた食事と睡眠、休養で感染しにくい体をつくりましょう 
 

 【ページのTOP】【リストに戻る】

  【Homeに戻る】