お得情報! Home リスト


平成20年4月からメタボリックシンドロームに
 着目した特定検診・特定保健指導がはじまりました。
  



タボリックとは代謝のことで、糖や脂質、尿酸など体に必要な成分を調節する機能のことで、運動不足や食べすぎ飲みすぎなどの生活習慣が引き金となって起こる肥満。
 特に、お腹の内臓に脂肪が蓄積されるとインスリンの働きが低下し、「高血圧」・「高脂血症」「糖尿病」などの生活慣病を発症します。このような危険因子が揃った状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。
@「男性のウエスト周囲径(腹囲)が85cm以上、女性では90cm以上」 A「血中脂質、血圧、血糖値のうち2つ以上が基準値を上回っている」が日本での診断基準になっています。また、内臓脂肪型肥満に加え、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか1つでも該当する人をメタボリックシンドローム予備軍としています。






 通常の病気などと比べたらあまり自覚症状はありません。内臓に脂肪が蓄積されると、さまざまな働きをもつ「アディポサイトカイン」という物質が分泌異常をおこし、糖代謝異常(糖尿病)や脂質代謝異常(高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症)などを引きおこし、放っておけば年齢相応よりも早く動脈硬化を進行させ、引いては、脳梗塞や心筋梗塞など命にかかわる病気を発症することになります。
 
(*アディポサイトカインには、血栓を作りやすくする悪玉コレステロールと血管の弾力性を保つ善玉コレステロールの物質があります。内臓脂肪が増えると、悪玉が増えて善玉が減ります。)





@衣類をつけないで、リラックスした状態で“おへそ”のある位置から水平にメジャーをまわして計ります
 ・男性は→85cm以上 
 ・女性は→90cm以上 
あったら要注意!


A血清脂質/中性脂肪が150mg/dL以上かHDLコレステロール値が40mg/dL未満、またその両方に当てはまる

B血糖値/空腹時血糖値が110mg/dL以上

C血圧/収縮期血圧が130mmHg以上か、拡張期血圧が 85mmHg以上またそのう両方に当てはまる

  A〜Cのうち2つ以上!




****



コレステロールは体にとって不可欠な物質です。代謝が正常に行われている健康な人の
血液中にはHDL、LDL、VLDLの3つのコレステロールがバランスよく存在しています

    
・HDL(コレステロールを肝臓から末梢に運ぶ。善玉といわれる)
    
・LDL(全身にコレステロールを供給する。悪玉といわれる)
  
  ・VLDL(中性脂肪に分解されてエネルギーとして使われる)


内臓脂肪が過剰に蓄積するとVLDLの量も増え血液中の中性脂肪値が高くなり、HDLも
十分に作られなくなる。HDLが少なくLDLが多いとコレステロールの運搬が末梢にかたより
蓄積し引いては、心臓病や動脈硬化症などを引き起こしてしまうのです


****


    
@体重
自己の標準体重を知ろう
BMI=体重
(Kg)÷身長(m)×身長(m)
      →例:身長160Cmで体重70Kgの   
BMIは27.3
肥満
             

BMI  判定 
  18.5未満   痩せ
 18.5以上25未満     普通
 25〜30未満  肥満1度 
 30〜35未満  肥満2度
 35〜40未満  肥満3度
 40以上  肥満4度

体重は毎日測って記録することが日々の健康管理につながります。
@食事 食事の内容や量、減塩に気をつけ、1日3食のバランスのよい食生活を
心がけましょう  (1日2食はかえって太るので注意!)  
                  
A運動 毎日、30分〜1時間程度に体に負担をかけない有酸素運動をしましょう
  (テレビを見ながら足踏みをするだけでも良い)
Bお酒 アルコールは、お酒は1日1合ほどビールだったら中ビン1本程度、
1週間に
 一日は飲まない日を決めましょう
Cたばこ たばこは、体に様々な悪影響を与えます。自分だけでなく、側に居る
人にも
害を与えます。必ず禁煙をしましょう
D健康診断 検診から早期発見と早期治療で重症化を防げます。必ず、年に一度は
健康診断を受けましょう。

 【厚生労働省HPよりメタボリックシンドローム詳細】

【ページのTOP】【リストに戻る

【Homeに戻る】