お得情報! Home リスト
-

夏 本番!



   
元気に夏を乗り切りましょう
◎ 熱中症とは
高温・湿度の高い環境に長くいると、多量の汗をかき体内の水分や塩分が不足し
脱水状態をおこし、体温調節が効かなくる。そのために起きる熱射病、熱失神、
熱痙攣、意識障害などをの症状をいいます。熱中症は、涼しい場所や日陰で一時休
めば回復する軽症のものから、最悪の場合、重症化して命を落とすこともあります。

近年、猛暑の続く日が多く、熱中症で救急搬送される患者の数が急増しています。
厚生労働省も、“今夏の熱中症対策の一層の強化について”の注意喚起を行うよう、
各自治体に対し周知を図ることとしています


                                      
◎ 熱中症の症状と対応  
  症 状 対処法
軽 度  
・大量の汗をかく
・貧血のようなめまいや、立ちくらみ
・筋肉のつり、こむら返り
・脈拍が早くなる
・水や氷などで体を冷やす
・水分と塩分の補給
・涼しい場所で足を高くして休む
・服をゆるめる
中 度   ・頭が痛くなる
・吐き気がする
・動悸、息切れ
・体の脱力感、倦怠感

・水や氷などで体を冷やす
・水分と塩分の補給
・涼しい場所で足を高くして休む
・服をゆるめる
・病院の受診
重 度  
・強い頭痛と吐き気
・立っていられない、歩けない
・意識が遠のく
・体が痙攣を起こす
・高い体温
・首、腋、腿のリンパを氷で冷やす
・すぐに救急車を要請する
◎ 熱中症の予防
  @ 汗をかいたら、水分と塩分の補給をする
  A 室温は28°、湿度は60%以下に保つ
  B 十分な睡眠と栄養をを取る
  C 屋外では日傘や帽子の着用で日射を遮る
  D 運動中は、30分に1回程度の休憩をとる
  E 高温環境の仕事では、あらゆる対策を取る


***** 即席補水液の作り方 ****** 
 
この分量を良く混ぜて
溶かして飲む。
 一旦沸騰させて
ぬるめにした水
 
 500cc 
   1.5g (小さじ4分の1杯程)
 砂糖  20g (大さじ2杯と小さじ1杯程)
 レモン汁  少々(飲みやすくするため)
 
◎ 幼児と高齢者は熱中症になりやすい原因
【高齢者】
 ・高齢者は、自律神経の低下により体温調節が悪く、汗をかきにくいので体温が
  上昇しやすい。
 ・口渇中枢神経の機能低下により口の渇きの自覚が乏しいので、水分の補給を
  しない。
 ・食欲低下により、塩分と水分の摂取が不足して脱水症状になることがある。
 ・高齢になると多数の薬を服用中の人が多く、薬の成分により熱中症のリスク
  が高くなる。
   これらの要因から、高齢者の熱中症発現時には、既に中度以上の症状に
   至っている場合が多いので、日ごろから周りの家族も十分注意して見守る。

【幼児・子供】
 ・体温調節が未熟で、気温との調節が難しく体温が上昇しやすい。
 ・代謝が激しく、大量の汗をかきやすいので脱水症状を起こしやすい。
 ・身長が小さいので地面からの照り返しを受けやすく体温が上昇する。
 ・遊びに夢中になり、熱中の自覚に乏しく水分補給などをしない。


参考HP: 学校安全Web熱中症を予防しよう   (924.5KB)     
参考HP: 環境省熱中症予防情報サイトをご確認ください。   
参考HP:厚生労働省 熱中症関連情報 熱中症予防のために(チラシ)
 
 


【ページのTOP】【リストに戻る】

【Homeに戻る】