お得情報! Home リスト
 
 
 
 【ノロウイルスとは 
ノロウイルスは冬場の11月ごろから3月に多発するウイルス性の感染性胃腸炎で、低温や乾燥に強く少量菌でも強力な感染力があるウイルスです。食物からの感染よりは、おもに人から人に感染する方が多く、なかでも保育所、幼稚園、学校や介護施設、食堂などの集団場所での感染拡大が多くみられます。
ノロウイルスは体力低下の幼少時の子どもや高齢者が感染すると重篤化し死亡する例もあり、きわめて注意すべき胃腸炎です。
 
 【感染経路 
 
 食品や水からの感染
・ノロウイルスに汚染された食品や水道水などを介して感染します。
 ・冬場は貝や牡蠣などを食べることが多く、汚染された二枚貝を生で食べることで感染します。
 人から人への感染
 ・感染した人が調理した器具によって感染することがあります。
 ・感染した人が、吐いた物や糞便に触れた手を介してウイルスが口から体内に入ることで感染します。
 ・感染した人が、吐いたしぶきを介抱者が吸い込んで感染することがあります。
 ・感染した人の処理をした後、まだウイルスが残っていて感染することがあります。
 
 
【症状】 
・感染したら24〜48時間(約1〜2日)程度の潜伏期間を過ぎると突然の強い吐き気に襲われ下痢と腹痛が始まる
 (多くの場合は自然に回復しますが、乳幼児、体力低下の人や高齢者の人は極度の脱水症状が起きたり他の病気が引き金になり重篤化することもあるので十分経過観察をして注意する必要があります)
 
【治療】 
・軽い場合は自宅でスポーツドリンク等で水分補給をしながら安静を保てば2〜3日で症状が治まり回復しますが、嘔吐、下痢の症状がひどく脱水症状などがある場合は、早急に医療機関を受診して点滴による水分補給などを受ける必要があります。
 (下痢止めは使用しない! ウイルスが排出されにくくなり治りが遅くなります)
 
【予防対策】 
【1】日頃から手荒いの習慣をつける
 ・ノロウイルスは石鹸、アルコール、消毒剤などで殺菌することはできませんが、石鹸をつかって入念に洗い流すことでウイルスが落ちやすくなります。
特に食事の前や調理の前後、トイレに行った後は念入りに30秒以上、石鹸で手荒いをする習慣をつけるようにする。
@ 時計や指輪をはずして
流水で手を洗う
A 石鹸を手に取る B 石鹸をしっかり泡立て
手のひら全体を洗う
C 手の甲に手のひらを
かぶせて両方の手を洗う
D 両方の手の間を念入り
に洗う
E 片方の手のひらの
中で指先と爪を入念に洗う
F 両方の指先の周辺を
念入りに洗う
G 両方の手首まで念入り
に洗う
H 最後に流水で石鹸の
泡が取れるまで十分に流し、
清潔なタオルかペーパー
タオルで拭き取る
 
 【2】食品の取扱いと調理器具の手入れ
 @食品は購入したら自宅へ直帰し冷蔵庫に保管する
 (生鮮は直ぐに冷蔵庫に保管し新鮮なうちに加熱調理して食べる)
 A調理した後の器具は熱湯や亜塩素酸ナトリウムで消毒し
  乾燥させて菌を繁殖させないようにする
 B食品は中まで火を通してしっかり加熱して調理する
 Cかきなどの二枚貝は十分に洗って火を通して食べる
  (流行時の冬場は高齢者や幼児は生で食べないように注意する)
  Dまな板のうえで二枚貝と他の食材を一緒に扱わない
 E下痢やおう吐などの症状がある場合は、食品を触らず調理をしない
 
【3】感染者の介抱、処理する場合
 @介抱者は必ず使い捨てのマスク・ビニール手袋・エプロンを使用して
 吐しゃ物のしぶきを吸い込まに様に細心の注意をして処理をする
 A吐しゃ物は散らかないようにペーパータオル等で処理し塩素系で消毒し
 水拭きする
 B処理後の吐しゃ物や使用したマスク・手袋などはビニールで密封
 して廃棄する
 C感染者の付着した衣類は個別に洗濯、塩素系で消毒する
 
 ノロウイルスは処理の仕方が不十分だとウイルスが乾燥し
空中を漂い口に入って二次感染につながります
 
   関連リンク:  佐賀県HP予防対策 (PDF:3.26メガバイト)
               食中毒関連情報(厚生労働省より)

 【ページのTOP】【リストに戻る】

  【Homeに戻る】