「お薬手帳」はお薬の大切な記録です。
   ひとり一冊で管理し、病院や薬局へは必ず持参しましょう 


 薬局で使う「お薬手帳」って何?

局で処方された薬の名前や処方日数、処方量、飲み方、薬の効き方などを記録する手帳です。 また、複数の医療機関で処方されるお薬の重複や過去の薬歴、アレルギー、副作用歴などの情報が素早く伝わり治療に役立つ手帳です。
 
 「お薬手帳」があればどんなメリットがあるの?
 
 ① 複数の病気の治療を受け、お薬を複数の薬局で処方してもらっている場合は、「お薬手帳があれば」、お薬の副作用や相互作用の確認がすぐできます。
② 「お薬手帳があれば」、過去に病気をして飲んでいた薬の記録がわかります。

③ 「お薬手帳があれば」、薬局でもらっているお薬の名前やお薬の飲み方や効き方がわかります

④ 突然起こった災害時など、お薬手帳があれば」、日頃飲んでいる薬がすぐ分かり緊急時の対応がすぐできます。

⑤ 旅行などで急な病気になった場合、「お薬手帳があれば」かかりつけでない病院や薬局でのお薬の対応がすぐできます。

⑥ 入院をする場合、「お薬手帳があれば」、日頃どんなお薬を飲んでいたか、慢性疾患があるのか、入院する機関ですぐわかります。

⑦一般用医薬品を飲んでアレルギー症状などが起こった場合、「お薬手帳があれば」、飲み合わせや副作用がわかります。

 




   
 「お薬手帳」をもらって自分で記入するところ 
 
◎氏名  ◎性別  ◎生年月日  ◎連絡先  ◎血液 
◎アレルギー歴の有無  ◎以前かかった副作用歴  ◎慢性疾患や過去にかかった既往歴 
◎市販薬の服用など   ◎医師や薬剤師に伝えておきたい事など   
 
  【ページのTOP】【リストに戻る】

     【Homeに戻る】