お得情報! Home リスト


                                     謹賀新年 


   



   
【用い方】

中袋から薬袋を取り出し、2合程の酒または、味醂に前夜から(大晦日)から浸して用いて下さい。
お雑煮を食べる前に年少者から年長者の飲む慣わしとなっております
 




   
  屠蘇は、正月の松の内に祝儀に用いられ、元旦に家族みんなで飲む代表的なお祝いのお酒のことをお屠蘇と言われています。
  中国の古事「本草綱目」の中に屠蘇酒のことが記載され三国時代の名医、華蛇(かだ)が作ったと伝えられており、無病息災・長寿を願って飲まれています。
  ひと昔は、肉桂(ニッケイ)・山椒(サンショウ)白朮(ヒャクジュツ)・桔梗(キキョウ)・防風(ボウフウ)の生薬を配合し三角に縫った布袋に入れこれを大晦日の晩から井戸の内側につるしておきました。
 元旦の朝につるした生薬を取り出して酒の中に浸し屠蘇を杯に注いで神棚にささげ、皆でそれを拝んでから飲みまわしていました。
「一人これを飲めば一家族疾(苦しみ)なく、一家これを飲めば一里病(病気)なし」と唱えて年少者から順に飲んだといいます。又、元旦の来客にも勧めていました。松の内が過ぎると、この袋の中の薬酒はもとの井戸に投じ、この井戸の水を飲めば年中無病であると言われました。
  近年は、薬局などに屠蘇散として売り出されており手軽に購入でき、屠蘇散に使われる代表的な薬草も肉桂・山椒・白朮・桔梗・防風・桂皮・陳皮の7種類がブレンドされています。
 また、好みでハーブなども一緒に調合して自分流の屠蘇散を作って楽しんでいる方もいます。

 *佐賀市の徐福長寿館では毎年、12月になると手作りの屠蘇づくりが開かれています。館内の薬草園で薬草を採取し電子レンジやドライヤーなどを使って誰でも手軽に直ぐ出来き大変好評です。

  

                      《主に使用される屠蘇の生薬》

 肉桂(ニッケイ)
 【別名】桂皮(クスノキ科)
白朮(ヒャクジュツ
【別名】オケラ(キク科) 
 桔梗(キキョウ)
 【別名】ボンバナ(キキョウ科)
   
【見聞】
昔は、駄菓子やさんで「ニッキ」として売られ子どもたちに喜ばれていた
。 
【見聞】
邪気を除くものとして神事にも用いられ、正月の屠蘇の主材料として代表的な薬草。早春の山菜として食されている。
 
【見聞】
秋の七草として愛でられ朝鮮では根の外皮を取り、漬物や山菜として食されている
。 
【効能】
整腸剤・解熱作用・風邪の初期の
 発汗作用・神経痛の改善をする
 
【効能】
整腸剤・解熱作用・風邪の初期の
 発汗作用・神経痛の改善をする
 
【効能】
喉の痛み・去痰作用や吹き出物の
 出来やすい人の体質を改善する
 
防風(ボウフウ)
 【別名】ヤマトニンジン(セリ科) 
 
山椒(サンショウ)
 【別名】キノメ(ミカン科)
 
丁子(チョウジ)
 【別名】クローブ(フトモモ科) 
 
     
【見聞】
冬場に木綿袋に入れて入浴すると湯冷めしない
。 
【見聞】
山椒の佃煮は江戸時代から親しまれていた若芽は香り高く、吸い物や料理の薬味に利用されていた。
薬用は、果実の皮を秋に採取して健胃薬、鎮痛薬に用いる。漢方の当帰湯などの原料にも使われる。 
【見聞】
コショウ等の香辛料に使われる.インドや中国では 消毒、殺菌作用として使われている。
 
【効能】
風邪に・発汗作用がある・
 炎症効果がある
 
【効能】
食欲不振や消化不良・胃炎や胃下垂
 皮膚のかぶれに・利尿作用
 
【効能】
健胃・食欲不振に・冷え性の改善
 
 陳皮(チンピ)
  【別名】みかん(ミカン科)
  
 
 
【見聞】
江戸時代にはミカン酒が飲用され食欲を進める効果があると言われた。ミカン風呂は体を温める
。  
【効能】
吐き気を止め・消化不良の改善、健胃作用、咳止めや風邪の予防  

                                 【ページのTOP】 【リストに戻る】

                                 【Homeに戻る】